リキッドファンデーションはどうやってメイクを直せばいいの?

メイクが崩れてしまったら・・・

 

メイクが崩れてしまったら当然、メイク直しをすると思います。
パウダーファンデーションを使用している人であれば、油取り紙を使って余分な皮脂を取り除いてから、ファンデーションを塗って直しますね。

 

これがリキッドファンデーションならどうでしょう?
油取り紙で余分な皮脂を取るまでは同じだと思いますが、その上にまたリキッドファンデーションを・・・とイメージすると、なんだか厚塗りになってしまいそうな気がしますね。

 

リキッドファンデは重ねづけしない

 

リキッドファンデーションのメイク直しは、パウダーファンデーションのように、また上からファンデーションを塗るといった直し方では、ありません。
これでは、先にお話ししたように厚塗りになってしまって、返ってメイクが崩れてしまう場合もあります。

 

リキッドファンデーションを使用している場合は、仕上げに使用している「フェイスパウダー」を使用してメイクを直します。
乾燥肌の人であれば、油取り紙を使う必要はないかもしれません。
もし汗をかいている場合であれば、ティッシュで軽くお肌をプッシュして汗や皮脂を取り除いてからメイクを直すと思いますが、普段のメイク直しもそれで十分です。

 

「皮脂は天然の美容液」といった言葉を聞いたことがある人もいるでしょう。
実際に、特に乾燥肌の人にとっては皮脂は保湿効果の高い立派な美容液。
過剰に皮脂が分泌している場合、実はお肌が乾燥しているサインであることが多いんです。

 

お肌が乾燥してしまうと、お肌自らその部分を潤そうとして皮脂を過剰に分泌させます。
ですから、乾燥肌なのにお顔がよくテカるという人は、油取り紙を使うのをやめてみましょう。
おでこなど皮脂が気になる部分はティッシュを使って軽くオフ。
その後は、仕上げに使用しているフェイスパウダーを優しくお肌にトントンと乗せながらメイクを整えれば完了です。

 

外出予定がある場合はリキッドを

 

メイク直しを繰り返していると、鼻の頭などすこしメイクがハゲてきてしまい、帰る頃には鼻の部分がうっすら赤く地肌が見えている・・・なんてこともありますね。
この場合は、余分な皮脂をティッシュオフしてから、指の腹を使ってリキッドファンデーションを薄く付けて馴染ませてから、フェイスパウダーで仕上げましょう。

 

リキッドファンデーションを付けてメイクを直す場合は、スポンジではなく指の腹を使って行うことで、指の熱の相乗効果でお肌に馴染みやすくメイクが直しやすくなります。