リキッドファンデーションの仕上がりはパウダーが決め手!

仕上げに何を使う?

 

リキッドファンデーションを使用している女性も多いと思いますが、リキッドファンデーションをより美しい仕上がりにするために、何を使っていますか?
乾燥が気になるからと、リキッドファンデーションを塗った後は何もつけない、リキッドファンデーションも後にチークで仕上げ、パウダーで仕上げ、その方法は様々でしょう。

 

しかし、リキッドファンデーションの仕上がりや持ちをよくしたいのであれば、ぜひパウダーファンデーションを使って仕上げましょう。

 

パウダーで仕上げるメリット

 

パウダーを使用することで、マット感のある上品な仕上がりになります。
また、パウダーが余分な皮脂を吸着してくれるので、メイクのもちもよくなります。
仕上げのパウダーには、光に反射してお肌を綺麗に美しく見せてくれる微粒子パウダーのものが多く、仕上げに使用することでお肌の乾燥を防ぐ効果のあるものや、日焼け止め効果のあるパウダーなど様々な種類があります。
ご自身のお肌の状態に合わせたパウダー選びをしましょう。

 

パウダーってパウダーファンデーション?

 

リキッドファンデーションの仕上げに使用するパウダーは、パウダーファンデーションとは異なります。
よりしっかりカバーしたいからと、リキッドファンデーションを塗った後に同じシリーズのパウダーファンデーションを使用するといった人も実際にいらっしゃるようですが、これでは厚塗りになってしまって、お肌が荒れてしまうこともあります。

 

リキッドファンデーションの仕上げに使用するのは、一般的なパウダーファンデーションのようにカバー力のあるものではなく、「おしろい」をイメージしていただけると分かりやすいかもしれません。
リキッドファンデーションでベースメイクを作った上に塗ることで、お肌により透明感を出してくれたり、ツヤっぽさを出してくれるので、仕上げにはぜひ使ってもらいたいです。

 

ちょっとしたメイク直しににも

 

仕上げのパウダーも携帯しておくことで、ちょっとしたメイク直しにも使えます。
鼻が少しテカってしまったけど油取り紙を使うほどでもないし・・・そんなときにパウダーを使用することで、皮脂と馴染んで粉っぽいメイクになりません。
厚塗り感も出ないので、ちょっとしたメイク直しにも最適です。