リキッドファンデーションが馴染まない?その理由は?

リキッドファンデーションといえば、肌馴染みのいいファンデーションとして愛用されている人も多いでしょう。

 

パウダーだとしっかり塗ったり乾燥したりカサカサしたり。。。

 

パウダーよりも薄付きに仕上げることが出来るリキッドファンデーションも多く、カバー力や保湿力に優れているから、乾燥肌の人に特に愛用されています。

 

しかし、このリキッドファンデーションがお肌にきちんと馴染んでくれない・・・そんな悩みを抱えている女性もいるようです。

 

しっとりとお肌に馴染んでくれるはずのリキッドファンデーション、どうしてお肌に馴染まないのでしょう?

 

メイク前の化粧水や乳液が馴染んでいない?

メイクをする前は、洗顔をして化粧水でお肌を整えてから乳液や美容液をつけて保湿を行います。

 

その後、メイク下地や日焼け止めを塗るなどしてからリキッドファンデーションを塗っていると思いますが、この時の化粧水や乳液がお肌に馴染んでいない可能性があります。

 

メイク下地は、メイクをお肌に密着させてくれる効果があり、長時間メイクをキープするといった役割がありますが、その前に塗る化粧水や乳液がお肌に馴染んでいなければ当然、その上に塗るものが馴染むはずがありません。

 

化粧水は乳液などの保湿効果や美容効果をお肌に奥に届ける導入剤の役割をしてくれていますから、時間がないからといってお顔に付ける程度ではいけません。

 

化粧水をたっぷり使ってお肌を整え、きちんと浸透するまでしっかりお肌に馴染ませましょう。

 

次に乳液を塗りますが、お顔にぐるぐると適当に塗り広げてはいませんか?

 

乳液は、夜のお肌ケアと同様に、丁寧にきちんと塗ってください。

 

お顔全体に馴染ませたら、手のひら全体を使って手の温度を使って1分程度ホットパックをしましょう。

 

その後、手のひら全体を使ってお顔に完全に馴染ませたらメイク下地を塗りましょう。

 

おすすめ美容液

 

化粧水が馴染みやすい!驚くほど速攻、浸透の美容液

 

>>>たった一滴!卵殻膜美容液の詳細はこちら

 

 

 

 

メイク下地を塗りすぎている?

メイク下地をガッツリと塗ってしまっていませんか?

 

せっかく化粧水や乳液でお肌を整えたのに、メイク下地を塗りすぎてしまうとメイク前のお肌作りが台無しに。

 

メイク下地は、ごく少量で構いません。

 

メイクがすぐに崩れてしまうという人は、メイク下地を塗りすぎている可能性があります。

 

メイク下地は、お肌の表面をごく薄くコーティングするようなイメージで塗ればOKです。

 

メイク下地がすぐになくなってしまう・・・そんな人は、一度つける量を見直してみてください。

 

本当に良いリキッドファンデ使ってる?

ドラッグストアで気軽買えるファンデなど、使用していませんか?

 

本当に良いファンデは肌に優しくカバー力もしっかりしています。

 

まるで素肌のような自然な仕上がりを実感したい方におすすめなのがリペアリキッドファンデーション。

 

詳しくはこちらの公式HPへ