リキッドファンデーションはお肌に悪い?

毛穴に詰まりそう・・・

 

リキッドファンデーションを使用しようか迷っている人もいるでしょう。
これまでパウダーファンデーションを使用してきた人でも、年齢と共に乾燥が気になりだしたことで、リキッドファンデーションに移行する女性も少なくない一方で、リキッドファンデーションは厚塗りになってしまうイメージがあることから、毛穴に詰まってしまうのでは、なかなか落ちないのでは・・・など、マイナスなイメージを持っている人もいます。

 

実際のところ、リキッドファンデーションはお肌に悪いのでしょうか?

 

潤いを求めるならリキッドファンデーションを

 

乾燥が気になるからと、リキッドファンデーションを普段から愛用している人も多いですが、その理由として挙げられるのはやはり、リキッドファンデーションの保湿力にあります。
リキッドファンデーションは昔とは違い、今では使い心地が軽いものも多く、パウダーファンデーションよりも薄付きに仕上げることが出来るものも多くあります。
また、ミネラル成分を配合したり、美容成分をたっぷりと配合することでメイク下地が不要のものなど、お肌への負担を極力減らして、薄づきながらしっかりカバーすることが出来るよう作られているものが多くありますから、お肌に合うリキッドファンデーションを見つけることが出来れば、乾燥の季節も怖いものなし間違いなしです。

 

「毛穴に詰まる」は間違い

 

リキッドファンデーションは、パウダーよりもしっかりとお肌に密着しますから、オイルのメイク落としを使用しなければオフすることが出来ないものもあります。
毛穴が開き気味の人であれば、泡の洗顔料だけでは毛穴の奥にリキッドファンデーションが残ってしまって落としきれないということは、実際にあります。

 

しかし、最近では洗浄力が穏やかなオイルのメイク落としもあります。
このように、きちんとオフすることが出来るものを使うことで、その心配は解消されます。

 

ニキビが出来やすくなる?

 

リキッドファンデーションを使ったらニキビが出来てしまった・・・という人もいるでしょう。
しかしこの場合、リキッドファンデーションがお肌に合っていないといったことが考えられる一方で、皮脂の過剰分泌が考えられます。
リキッドファンデーションは保湿力は高いですが、美容成分が少ないものやテカリを予防する効果のあるリキッドファンデーションの場合、乾燥肌の人がそれを使用してしまうことで、お肌に必要な皮脂まで吸着されてしまい、お肌が乾燥してしまいます。

 

乾燥してしまったお肌は、乾燥した部分を潤そうとして過剰に皮脂を分泌させます。
こうなると、毛穴に皮脂が詰まりやすい環境が出来てしまいますが、リキッドファンデーションを塗っていますから、毛穴が詰まってしまいその中で細菌が繁殖、結果としてニキビになってしまうということが考えられます。

 

テカりを気にして、皮脂を吸着する効果が高いリキッドファンデーションを使用している人がいますが、もしあなたが乾燥肌の場合は、そのようなリキッドファンデーションは、お肌に合っていないかもしれません。