パウダーファンデーションはカバー力が弱い?

お肌をしっかりカバーしたい

 

お肌のしみやくすみ、目の下に出来てしまったクマやニキビ跡。
これらをしっかり隠せるファンデーションといえば、リキッドファンデーションでしょう。
カバー力も高く、薄付きながらしっかりカバーしてくれるので優秀です。
これがパウダーファンデーションならどうでしょうか?

 

パウダーファンデーションは薄付きだからあまり粗をカバーすることが出来ないのでは・・・?と、心配になってしまう人もいらっしゃるかもしれませんが、昔と違ってパウダーファンデーションもしっかりとお肌をカバーしてくれるものが多くあります。

 

コンシーラーと併用

 

パウダーファンデーションでも、塗り方次第で粗を隠したい部分もしっかりカバーすることが出来る優秀なファンデーションです。
ですが、あまり厚塗りになりたくないという場合は、コンシーラーと併用して使用するといいでしょう。
コンシーラーは、ニキビ跡やしみをしっかりカバーしてくれるので、カバーしたい部分に軽く乗せたら、指の腹を使って優しく馴染ませてあげるとしっかりカバーできます。

 

メイク下地とのバランス

 

お肌の粗を隠したい場合、どうしてもファンデーションを厚塗りしてしまいがちですが、メイク下地でカバーするといった方法もあります。

 

目の下のクマ用に使用するコンシーラーを使用したり、毛穴の凹凸をカバーしてくれるメイク下地、頬の赤みをカバーするグリーンのメイク下地、血色をよく見せてくれるピンクのメイク下地、皮脂を吸着させてテカリを防ぐ効果のあるメイク下地などなど・・・

 

これらでまず粗をある程度までカバーしてからパウダーファンデーションを塗ることで、ファンデーションは薄付きなのにお肌をしっかりカバーします。
ファンデーションを厚塗りにする必要がないので、メイクも自然に仕上がり持ちも続きます。
お肌の症状に合わせて、どこをどうカバーしたいのか。
それに合わせてメイク下地を選ぶのも、メイクを綺麗に仕上げるコツです。