カバー力が高いコンシーラーはどんなタイプ?

コンシーラーにもタイプがある

 

一言で「コンシーラー」といっても、いくつか種類があります。
一般的なコンシーラーといえば、スティックタイプの固形タイプのもの。
他には、液体状のコンシーラーや筆ペンタイプのコンシーラーがあります。
これらのうち、カバー力が高いコンシーラーはどれなのでしょう?

 

固形タイプのコンシーラー

 

固形タイプ、液体タイプ、筆ペンタイプのコンシーラーの中でも一番カバー力が高いのは固形タイプのコンシーラーです。
細めのリップスティックのような形をしていて、繰り出して少しずつ使用するといったものが一般的ですが、固めなのでお肌をしっかりカバー。
ニキビ跡や赤く目立つニキビもしっかりとカバーしてくれます。

 

出来てしまったニキビを隠したい場合は、ニキビ用のコンシーラーを使用するといいでしょう。
ニキビ用のものでなくても使用することは勿論可能ですが、ニキビを悪化させてしまう可能性もありますから、ニキビ用のコンシーラーがお薦めです。

 

筆ペンタイプのコンシーラー

 

筆ペンタイプのコンシーラーは、ボールペンのように何度かカチカチとプッシュしてから使用するといったもの。
リキッドファンデーションのようなコンシーラーが出てきます。
これをお肌にちょんちょんと乗せて、クマやしみをカバーします。
リキッドタイプのものがほとんどで、伸びもよく使いやすいのが特徴です。
固形タイプのコンシーラーほどカバー力はありませんが、お肌の色に合うものを見つけることが出来れば、しっかりカバーしてくれます。
使いやすいこともあり一番使われているタイプのものともいえます。

 

液体コンシーラー

 

一番つけ心地が軽いのが、液体タイプのコンシーラーです。
液体タイプとはいっても、水のようにシャバシャバのものではなく、リキッドタイプをもう少し緩くしたような使い心地。
サラッとしていて伸びがよく厚塗りにならないのが特徴ですが、カバー力はそこまでないのがデメリット。
薄いシミやくま程度なら十分にカバーすることが出来ますが、濃いシミや赤くなってしまったニキビをカバーする力は劣ります。