BBクリームとCCクリームは何が違うの?

BBクリーム

 

BBクリームは、綺麗なお肌を作れるクリームタイプのファンデーションです。
コンシーラーを使用しなくても、お肌の粗をしっかりとカバーしてくれること、そして何よりも洗顔後、化粧水でお肌を整えてからすぐにお肌に乗せることが出来るので手軽に使用することが出来ます。
メイク下地がいらないので厚ぼったいメイクにならず、お肌への負担も少ないもの。
マットなお肌を演出したい時などにお薦めです。
厚塗りにならないから、ちょっとそこまで外出する・・・なんてときや忙しい朝にサッとメイクが完了するので、多くの人に愛用されています。

 

また、普段のメイクをする際は、BBクリームをメイク下地としても使用することが出来ますから、お肌をしっかりカバーしたい人は、このような使い方もお薦めです。
BBクリームだけのメイクの場合、品物によっては普段使用している洗顔フォームでオフすることが出来るものもあります。

 

CCクリーム

 

CCクリームは、保湿力が高く、乾燥肌の人にもお薦めのファンデーションです。
BBクリームもお肌に優しいですが、CCクリームはより保湿力が高く美容液に近い使い心地。
カバー力はBBクリームほどありませんが、疲れやすいお肌や乾燥しがちなお肌には、CCクリームがお薦めです。

 

美容液とは違うの?

 

BBクリームもCCクリームもどちらもファンデーションです。
いずれもお肌に刺激の少ないものが多いので、敏感肌の人も安心して使用することが出来るものが多く、よりお肌を労わりながらメイクをしたいのであれば、CCクリームがお薦めです。
CCクリームは、お肌のしっとり感が続きますから、乾燥肌が気になる人に愛用されています。
BBクリームは、CCクリームよりもカバー力があるので、そのまま使用するのはもちろん、メイク下地として使用している人もいます。

 

つまり、BBクリームもCCクリームも、お肌にとても優しいファンデエーションといったところでしょう。
美容液感覚で使用することも出来ますが、実際には、ファンデーションです。

 

BBクリームのデメリットとしては、カラーが少ないので自分に合う色をなかなか見つけづらいということ。
今では数色販売されるなど、随分と購入しやすくなりましたが、発売当初はお肌には確かにいいことを実感することが出来る一方で、色白の人にはちょっと濃いな・・・というものが多くありました。

 

現在でも、お肌の色に合わせて購入したのに、時間が経つとトーンが暗くなってしまうものや、塗った時よりもお顔が白く感じるといったものもあり、色選びが少し難しいという人もいるようです。

 

メイク下地は不要?

 

BBクリームもCCクリームも、お肌に負担が少ない成分で出来ていますから、メイク下地は不要です。
洗顔後、化粧水でお肌を整えてからそのままお肌に塗ることが出来ます。
これは、美容成分がたっぷり含まれていたりお肌へ低刺激な証拠です。
薄いメイクを好む人は、BBクリームやCCクリームがお薦めです。