クリームファンデーションの上手な塗り方

クリームファンデーションを上手に塗るコツ

 

クリームファンデーションは、名前の通りクリーム状のファンデーションのことを言います。
滑らかな使い心地で伸びがよく肌馴染みがいいファンデーション。
油分が多く含まれていて保湿力が高いので、乾燥肌の人に向いていますが、なかなか扱いづらいというデメリットがあります。
というのも、クリーム状なのでコツを掴むまで一度にどのくらいの量を使えばいいのか分からない、上手に塗れないといった悩みがあるのです。

 

慣れてしまえば難しいことは何もないのですが、これまでパウダーファンデーションしか使ったことがなかった人や、メイク初心者さんにはちょっと難しいかもしれません。

 

ここでは、そんなクリームファンデ―ションの上手な塗り方についてお話していきたいと思います。

 

部分的に乗せてから伸ばす

 

まず、クリームファンデーションを人差し指または中指の腹に取って、頬全体にてんてんと置いていきます。
この時の分量は、一度に多く使用せず、少しずつ必要な分だけ取り、頬に乗せてたりなくなったらまた指の腹に取って頬にてんてんと置いていきます。
置いていく場所は、一箇所につきつまようじの先くらいの分量で9ヶ所ほどファンデーションを置きましょう。

 

次に、スポンジを使用して筋肉の流れにそって少しずつ、内側から外側へと塗り広げていきましょう。
お肌が敏感な人の場合、スポンジの刺激でお肌が荒れてしまうことがありますから、その場合はスポンジではなく指の肌を使って、同じように筋肉の流れに沿って内側から外側へと塗り広げていきます。
指の腹を使う場合は、塗り広げるというよりも、指の腹で優しくポンポンと軽くたたくようにしながら、外側へ向かって馴染ませていきましょう。

 

ルースパウダーで仕上げる

 

クリームファンデーションをムラなく馴染ませたら、ルースパウダーを使って仕上げます。
クリームファンデーションは、油分が多く配合されていますから、仕上げにパウダーを使用することで綺麗に仕上げることが出来ます。

 

最初は難しいと感じるクリームファンデーションも、何度か使用するうちに一度にどの程度使用するのか、塗る感覚などが分かるようになります。
カバー力が強く保湿力も高いクリームファンデーション、ぜひ使いこなしてみてください。